iPadのモバイルPC化計画

iPad Pro ビジネス

iPadのOSが去年秋にiPadOSへと進化してから、これまでは難しかったアレやコレが普通にできるようになり、ビジネス用途の使い勝手が向上した。

自分がいま使っているのはiPad Pro 10.5インチ(第2世代)。名称のとおり画面サイズが10.5インチしかないので、屋外でヘビーな作業が続くときには画面の狭さがネックになるものの、iPad 本体+Smart Keyboradの組み合わせは720g程度しかないので持ち運びの負担は少ない。

ということで、iPad Proをもっと普段のモバイルPC用途として使えないか、打ち合わせ時のメインデバイスとして活用できないかと考え、いろいろアプリや環境を検討中。

Office関連

オフィス関係は、WordとExcel、OneNoteを導入済み。Office 365のアカウントがあるので、10.5インチでも問題なく使える。WordファイルやExcelファイルのやり取りは頻繁にあるので、互換アプリよりはMicrosoftのを使うほうが不安が少ないので。

‎Microsoft Word
‎信頼できる Word アプリにより、ファイルの作成、編集、表示、他のユーザーとのファイルの共有を、すばやく簡単に行うことができます。Microsoft が提供するこの機能豊富なワードプロセッシング アプリを使用して、メールに添付された Office ドキュメントをスマートフォンから送信、表示、編集することができます。...

iPad OSになってから、Split Viewでアプリを複数同時に表示できるようになったので、PCで複数ウインドウを開いての作業とほぼ同じ感覚で使えるようになったのは大きい。

というか、これができるならより大きい画面サイズのiPad Proが欲しくなってしまう。そのぶん重くなるからモバイル用途としてはジレンマだけど。

ノートへの情報集約・管理は、OneNoteのほかにiPad用としてGoodNotesを導入。

【GoodNotes 5】デジタルならではの利便性を備えた手書きノートアプリ
iPadをノート代わりに使うなら、GoodNotes 5というアプリが非常に便利。これとApple Pencilの組み合わせなら、本当に普通のノートと同じような感覚で情報を書き込んでまとめることができる上に、「これができれば便利なんだけど」...

アウトライナー

日常生活のメモ書きから仕事のアイディア、ウェブサイトやブログのネタ、記事の構成などは、とにかくアウトライナーにぶち込んでおくと管理が楽だし、関係ないと思っていたもの同士がつながり合って新たなイメージが湧くこともあるので、そんな「なんでも放り込んでおく鍋」代わりに使っている。

MacBookにはTreeというアウトライナーがあるんだけど、いまはクラウドで同期しているほうが便利なのでWorkFlowyをiPadにも導入。

もっとも、WorkFlowyはいつでもどこでも使えてこそなので、自然とiPhoneアプリの利用頻度が一番高い。思いついたとき、すぐ書き留めておけるのは便利。

A simpler way to organize your work - WorkFlowy
If you have a crazy job or an ambitious project, we will be your trusty sidekick. WorkFlowy is a simpler way to stay organized.

メール・チャット

メールはiPad標準の「メール」を使っていたんだけど、なんかしっくり来ないのでSparkを試しているところ。

iPhone、iPad、Mac そして Android で使える最高のメールクライアント | Spark
Spark は、受信トレイを完全にコントロールすることを可能にします。重要なメールが即座に見つかり、不要なものは一括処理することができます。Spark for Teams の機能を使用すれば、チームメンバーと一緒にメールを作成したり、受信したメールの内容をチャットで話し合ったり、リンクで共有したりすることができます。

あと仕事でのやり取りでよく使っているので、Charworkのアプリも。

ダウンロード | ビジネスチャットならChatwork
ビジネスチャットChatwork(チャットワーク)のデスクトップ版アプリ、モバイル版アプリのご案内です。いつでもどこからでも、快適に使うためにChatworkはブラウザだけではなく、デスクトップ、スマートフォンやタブレットなど様々な環境でご利用いただけます。

クラウドストレージ

仕事の内容・比率がしだいに変わってきたこともあって、クラウドストレージはDropbox、OneDrive、iCloud、さらにはGoogleDriveが並存している状態。

分かれていると面倒なことも多いので、ここはそろそろ整頓してできるだけ統一させていきたい。ただWindowsはOneDriveだと連携が便利で、MacだともちろんiCloudが便利なので、この辺がどうにも1つに絞るのは難しい。

Lightroom

クラウドで画像が同期されるので便利。PCでも、iPhoneでも、iPadでも、あるいはAndroidでも同じ画像を確認・修正できるので。なんか、便利な世の中になったなぁ。

‎Lightroom iPad版
‎おうち時間の楽しみをすてきに残そう!プロも使う写真加工アプリLightroom (ライトルーム)なら、スライダーをひとつ動かすだけで、写真がぐんと鮮やかに。窓辺のペットの写真の逆光補正や、うっかり写りこんでしまったものの削除もかんたん。スマホ写真を、一眼レフで撮ったような本格レベルに仕上げられます。いますぐ無料ダウン...

キーボード

iPad Proを持ち出すなら、キーボードはSmart Keyboardが一番素直だ。

もっとも、打鍵感はやはりMagic Keyboardのほうがしっくり来る。MacやWindows用のキーボードと似た感触だからだけど、最近ちょっと思っているのがiPad Proを持ち出すときに軽量スタンドとMagic Keyboardの組み合わせで行けないかな、ということ。

テンキー付きだとサイズ的に持ち運ぶのは難しいけど、そうなるとテンキー無しのMagic Keyboardまで買うのかという話になってしまうし、重量700g程度で収められるのかも微妙。ということで、これはさすがに躊躇。

打ち合わせの際、iPadだけじゃなくスタンドやキーボードまで取り出してたら、やっぱり、なんだか大事すぎるし。喫茶店で小さな机の上に乗るのか問題もあるし。

WindowsやMacを持ち出したときと同じようなことができる環境まで、あと少し。FTPクライアントとか細かなところはまだ試行錯誤中なので、全体まとまるまでいましばらくかかりそう。もろもろ暫定的。

アデュー。

タイトルとURLをコピーしました